独立行政法人 労働者健康安全機構 秋田労災病院

文字サイズ
標準
特大

お知らせ

スポーツ外来

毎週木曜日の午後3時から4時、毎週金曜日の午後2時から4時が受付時間です。スポーツ特有のケガや故障は一般の整形外科疾患と異なることもあります。診断がつかないまま電気治療・マッサージ・針・灸などを続けても治らない場合が多く、診断にはレントゲンだけでなく、MRIやCT等の精密検査が必要になることがあります。そして診断がついた後にはスポーツに特化した専門的な治療やリハビリが必要になります。当外来ではスポーツ選手の早期復帰を目指した治療を行っていきます。成長期から成人の趣味スポーツまで、スポーツ傷害に悩んでいる方達の受診をお待ちしております。

こんな症状の方へ

スポーツで生じた急性外傷(スポーツ外傷)
ぶつけた、ひねった、などの後の痛み・関節不安定感などがある方
スポーツで生じた慢性障害(スポーツ障害)
ボールを投げると痛い、走ると痛い、関節が緩い、などがある方

スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせてスポーツ傷害と呼ばれています。

スポーツ外来:よくある質問
Q1病院に行くと休めといわれるのでは…?
スポーツドクターもスポーツ経験者なので、選手が早期のスポーツ復帰を望んでいることは十分に理解しています。しかし、例えば、骨折や靱帯断裂のような大ケガの場合は、無理にスポーツを続けることで後遺症が残ることがあります。また、オーバーユース(使いすぎ)による障害は、一定期間休んできちんと治したほうが早期復帰できる場合も多いのです。
逆に、近くに大事な大会がある場合などは痛み止めやサポーターなどを使って、症状を取り除いた上でスポーツを頑張ってもらうことも可能です。こういった、休養が必要、あるいは無理させることができる、などの判断は、きちんと診断のつけられる“病院”でなければできないことなのです。ですから、まずは病院を受診することが望ましいのです。
Q2病院に行くと手術をされるのでは…?
スポーツ障害の治療の基本が保存的治療(リハビリや薬など)であることには異論がありません。実際のところ、スポーツ障害の多くは保存的治療で治りますし、また手術は苦痛の伴う大きな治療であるからです。ただし、手術が必要な病態があるのも事実です。
スポーツ障害には機能的障害と器質的障害という2種類の障害があります。機能的障害というのは、例えば体が硬い・フォームが悪い・筋力のバランスが崩れている、など体の機能が乱れていることによる障害です。これは例えばストレッチや筋トレ、安静などで治る場合がほとんどです。
他方、器質的障害というのは、骨折・靱帯断裂・軟骨損傷など、体の一部が壊れている状態です。現在の医学では、ずれた骨や切れた靱帯、はがれた軟骨を元に戻す注射や薬は残念ながらありません。場合によっては骨折や軟骨を整復固定したり、靱帯を縫合したりする治療、すなわち手術が必要になるのです。
もちろん最終的に手術を受けられるか決めるのは患者様自身です。患者様の希望を最大限尊重した上で手術をするか決めることになります。
Q3病院のリハビリって…?
一般的にリハビリというと骨折や手術、あるいは脳卒中のあとの患者様が平行棒の中を歩く練習をしている、というイメージがあるのでしょうか?これらはメディカルリハビリテーションと呼ばれるもので、病気の患者様が一般生活を送られるようにというリハビリです。スポーツ選手のリハビリはアスレチックリハビリテーションと呼ばれ、選手がスポーツに復帰できるようにするリハビリテーションのことです。
フォーム指導・ストレッチ・筋トレなどで先に述べた機能的障害を治すことで、場合によってはケガをする前よりうまくなっていることもあるほどです。スポーツ傷害を治すとともに、スポーツが上手くなるためのリハビリ、それがアスレチックリハビリテーションです。
参考文献
手軽に読めるスポーツ医学 -もっとスポーツ好きになるために
あきたさきがけブックNo.37  関 展寿  著
平成30年9月7日付で関第二リハビリテーション科部長が日本整形外科スポーツ医学会の「若手奨励論文賞」を受賞しました。
論文名:脛骨過労性障害の画像診断初診時MRIによる疲労骨折とシンスプリントとの検討
表彰状
ページの先頭へ