独立行政法人 労働者健康安全機構 秋田労災病院

文字サイズ
標準
特大

採用情報



内科

概況

秋田労災病院は、大館市東地区の中核病院としての役割を果たすために、内科医のマンパワーの充実を図っています。下記の要綱で内科と、消化器担当の勤務医を募集しますのでご応募ください。

秋田労災病院は大館市街より車で30分の大滝温泉にあります。鉱山労働者が多かった時代から、整形外科を主たる診療科として整備し、内科系も充実していました。昨今の医師不足のあおりを受け、内科の人材不足が課題です。

現在、秋田大学出身の総合内科部長、循環器、糖尿病専門医の常勤医3名が勤務しています。

対象となる患者様は、大館東地区の住民で高齢者が中心ですが、中高年の受診も少なくありません。周辺に病院が少ないため、疾患は多彩です。透析療法も扱い、幅の広い総合的な診療が求められます。

募集要項

今回の募集は、消化器と総合内科の常勤医です。地域における臨床医としてさらに実力を高めることが可能です。

募集人員 消化器を担当する内科医1名、総合内科を担当する内科医1名。
年齢と経験は問いません。消化管検査の経験が十分でなくても、赴任してから研修などで補うことができます。
勤務形態 常勤医で、一日8時間勤務、完全週休2日制、役割については面接にてご相談ということになりますが、外来のみの5日間勤務や人間ドック、入院専門など柔軟に決めることが出来ます。
病態により厳密な管理が必要な患者様や、食物アレルギー等の患者様に個別対応をしています。
給  与 機構の規程によります。
宿舎及び生活環境 宿舎は病院から徒歩5分以内にあり、2LDKまたは3LDK、車庫付です。
食事は病院で3食準備も可能です。
インターネット環境はADSL・光が契約でき、宿舎および病院でも利用できます。
病院内に24時間利用可能な職員専用の温泉があり、売り物の一つです。
内科の理念
秋田労災病院
秋田労災病院

消化器内科、総合内科の理念は、人生における疾病の危機に幅広く対応し、受療者が意義ある人生を全うできるように医学的に援助することです。
医師不足の秋田ではどのような経験をお持ちでもキャリアを生かすことが出来ます。

連絡先
担当部署秋田労災病院総務課
電 話0186-52-3131(代)
担当者総務課長

見学を希望される方は担当者までお申し出下さい。

ページの先頭へ