独立行政法人 労働者健康安全機構 秋田労災病院

文字サイズ
標準
特大

部門紹介

化学療法室

がんの治療法には「手術」「放射線治療」「化学療法」があります。

そのなかでも化学療法は医学の進歩により、副作用の少ない抗がん剤、そして抗がん剤の副作用を抑える薬剤も数多く開発され、外来でも化学療法が安全に行われるようになりました。

当院でも外科、整形外科、内科領域における化学療法を行うため、外来化学療法室があります。部屋にはベッド4床、テレビ1台を用意し、プライバシーを守りつつ看護師から全床見渡すことができよう安全性に配慮しております。各外来で医師の診察を受けた後、看護師とともに外来化学療法室へ移動していただき、点滴治療を行います。点滴中は担当看護師と医師が常に連絡がとれる体制を整え、抗がん剤による急性の副作用にも迅速に対応できるようにしていますので、安心して治療を受けていただくことができます。

この「外来化学療法」は、患者様が社会生活を送りながら治療を継続できるということから、生活の質(QOL:クオリティーオブライフ)を重視した治療として大きな意味があります。自宅での生活をしながら通院治療でき、副作用の程度や体調をみて仕事も続けることも可能です。

化学療法室へのご質問、ご要望などございましたら、お気軽に担当スタッフにお尋ね下さい。

外来化学療法件数
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
27年度 13 15 16 13 16 17 22 17 18 15 19 19 200
28年度 16 16 17 17 14 18 22 21 23 23 24 19 230
29年度 14 23 19 15 13 11 14 17 15 11 14 14 180
ページの先頭へ