独立行政法人 労働者健康安全機構 秋田労災病院

文字サイズ
標準
特大

部門紹介

感染対策室

当院は、院内感染の予防と発生時の速やかな対応を効果的に行うため、感染管理担当医師、ICD,ICNを中心とし、職員一丸となって対策に取り組んでいます。

院内感染対策に関する主な活動内容

1.感染管理組織について
  • 1)院内感染管理者を設置し、院内感染対策の実践活動と各責任者を総括しています。
  • 2)院内感染対策委員会
    院内感染対策活動の意思決定を行うために、月1回定期的に会議を行うとともに、必要時には随時委員会を開催し感染防止対策事項を検討します。
  • 3)感染制御チーム(ICT部会)
    ICTは、週1回病院内のラウンドを行いながら、抗菌薬の適正使用の指導及び感染問題等に対し迅速に対策を講じます。病院における日常的院内感染防止対策推進のための実働部隊として活動しています。
ICTラウンド
ICTラウンド
2.職員研修について
院内感染対策の基本的考え方及び具体的方策について、職員に周知徹底を図ることで職員の院内感染に対する意識を高め、業務を遂行する上での技能やチームの一員としての意識向上を図ることを目的に実施しています。
  • 研修会
    研修会
  • PPE着脱訓練
    PPE着脱訓練
3.感染症の発生状況の把握について
厚生労働省 院内感染対策サーベイランス事業(JANIS)にH27年1月から参加。
各病棟の薬剤耐性菌や院内感染上問題となる細菌の部署別検出状況を調査し、毎月の院内感染対策委員会で報告、感染対策の周知や部門の指導を行います。また、サーベイランスをもとに、院内感染のアウトブレイクの特定や迅速な対応がなされるよう、情報管理を行っています。
4.感染対策マニュアルの作成
感染防止の具体的な対応策や手順を明確にするため、マニュアルを作成し、定期的な見直しを行います。
5.感染防止ポスター展
職員および来院される方への啓蒙と感染予防意識の向上を目的に、ポスター展を開催しています。職員・患者様の投票で優秀賞を決定しています。
感染防止ポスター展
6.患者さま・ご家族の方へ
マスク着用のお願い 当院では、院内における感染防止のため、面会者のマスク着用への協力をお願いしています。
入院なさっている患者さまは、抵抗力や免疫力が低下している方が多く、感染しやすい状況となっています。
安全上、面会をお断りする場合もありますのでご協力をお願いします。
<このような方は面会制限をご遠慮ください>
  • 体調不良の方(熱、咳、のどの痛みなどの症状がある)
  • 所属する学校や職場で感染性疾患が流行している方
    インフルエンザ・はしか・水ぼうそう・おたふくかぜ・風疹など
ページの先頭へ