独立行政法人 労働者健康安全機構 秋田労災病院

文字サイズ
標準
特大

部門紹介

中央検査部

中央検査部

中央検査部では、患者様の様々な検体を自動分析測定し、正確で精度の高いデータを迅速に医師に提供しています。また、心臓の働きを知ることが出来る心電図検査、おなかの画像を調べる超音波検査、おしっこの糖・蛋白などを調べる尿検査、血液型・適合血を検査する輸血検査などを行っています。そして、採血業務などの支援を行い、チーム医療の一員としての役割を果たす努力をしています。

中央検査部 有資格者人数

緊急臨床検査士 1名 認定超音波検査士 (循環器領域) 2名
二級臨床検査士(血液学) 1名 (消化器領域) 3名
秋田県糖尿病療養指導士 1名 (泌尿器領域) 1名
医療環境管理士 1名 認定管理検査技師 1名
健康食品管理士 1名 心電図検定2級 1名

生理検査

生理検査とは、特殊な装置を使い、患者様の協力を得て生理機能(呼吸する、心臓が動くなど人間が生きていく上で必要な身体活動)を測定する検査です。

当中央検査部では、次のような検査を行っております。

1)心電図検査(12誘導心電図、ホルター心電図など)
12誘導心電図
心臓の検査です。不整脈、狭心症、心筋梗塞など心臓の病気が判ります。痛みはありませんから安心してください。検査は更衣を合わせても5分ほどで終わります。
手足の力を抜きリラックスしてください。 手首、足首に洗濯バサミを大きくしたようなクリップを装着、さらに、胸に杯を伏せた形の金属を吸盤で装着します。クリップと吸盤、両方とも電極(でんきょく)と呼びます。
心電図のギザギザの波はなに?

心臓は自ら電気を発生しその刺激が伝わることで心臓の筋肉(心筋)を収縮させて全身に血液を送ります。

1分間の刺激の回数はおよそ60~100回です。自ら発生した刺激が心臓の中を伝わって行く様子を、いろいろな角度から測定したものをグラフにしたのが心電図です。人が感じないとても弱い電圧を測定しているのです。

負荷心電図
安静時には心電図に異常所見が現れない場合、運動をさせて心筋の酸素の必要量を増す状態(負荷)にすると心電図に異常が現れることがあります。このように心臓に負荷を与えて潜在している疾患を見出す方法をいいます。当院では次の負荷心電図を行っています。
マスターの2階段試験
1段の高さ22.5cmある2段の階段を一定時間(1分半、3分あるいは4分半)決められたリズムで昇降してもらい、その前後の心電図の変化を比較する検査です。ちなみに一般家屋の階段は1段19cmほどです。
ホルター心電図
日常生活の心電図波形を24時間にわたり連続で記録します。厚めのバンソウコウ電極を胸の5ヶ所に貼って、小型心電計とコードでつなぎ体に装着します。患者様が操作する必要はありません。激しい運動や入浴、シャワーを我慢していただきますが、その他の日常生活に差し支えはありません。
2)肺機能検査

肺の病気あるいは肺の働きに異常があるのかないのか、異常の程度はどれほどなのかを検査します。肺線維症、喘息、肺気腫などの肺機能障害が判ります。代表的な検査 は「肺活量」と「努力肺活量」です。やりかたは検査直前に技師が詳しく説明します。

さらに、検査中も大きな声で合図します。肺機能検査は患者様の協力がないと、正しい検査結果が得られません。どうかご理解、ご協力お願いします。

肺活量
一度完全に息を吐き切り、そこから最大に空気を吸った状態から息を完全に吐き出した時の空気の量を測定しています。
努力肺活量
最大に空気を吸った状態から、できるだけがんばって息を吐きます。
3)脳波検査

脳波とは大脳の神経細胞群の電気活動を体外に導出し、記録したものです。

脳細胞が活動すると電気が起こります。その電気を頭皮に付けた電極で測定します。

脳波の電位は数マイクロボルトから数百マイクロボルトです。心電図よりさらに弱い電圧を測定しています。

検査時間は約45分です。てんかん、脳腫瘍、脳炎、脳血管障害を波形から読み取ります。

ヘアピンおよびカツラは検査前に取ってもらいます。整髪料を使用しないでください。

4)脈波検査

動脈の病変や指先の細動脈の病変を知るために検査します。

血液は心臓が動くことによって全身に送られますが、心臓収縮に伴う圧力は血液よりずっと早く身体の末梢まで伝わります。圧は動脈の広い・狭い、動脈壁の硬い・柔らかいによって様々に変化します。中央検査部では両手指、両足趾(足の指)で波形を検査しています。

検査は短い筒の中に指(趾)を入れてマジックテープで固定。光を遮る黒い布をかぶせて一本一本測定します。痛みはありません。力を抜いてゆったりして下さい。

5)超音波検査

超音波検査は、プローブと呼ばれる装置を当てるだけなので痛みはほとんどありません。超音波は空気があると伝わらないので、体に無害なゼリーをぬります。検査時間は腹部・頸部が10~20分、心臓は20~30分です。

腹部
肝臓、すい臓、胆のう、脾臓、腎臓の形を調べる検査です。
心臓
心臓の動き・血流・大きさ・弁の状態を調べる検査です。
頸動脈
首にある左右の頸動脈および椎骨動脈の動脈硬化の状態や、血流を調べる検査です。
関節
手指、手首・膝、足首、足趾などの関節に超音波をあてて検査します。
関節リウマチによって引き起こされる滑膜(関節の周囲を取り囲んでいる膜)の炎症を直接観察します。
この滑膜が炎症を起こすと厚くなり、内部に異常な血流がみられます。お薬による治療の経過などを調べることができます。
甲状腺
喉の下に位置する小さな臓器である甲状腺の大きさ、内部の状態などを調べる検査です。
乳腺エコー検査
乳房内部の構造を観察しながら乳腺の中にできるしこりや内部に液体が溜まった袋(のう胞)を見つける検査です。痛みはなくX線を使わないため何度でも検査を受けられ、妊娠中でも検査可能です。
検査をするのは女性技師が担当しています。
6)神経伝導検査

指を動かす腕の2本の神経それぞれを弱い電流で刺激して、その刺激の伝わり方の時間を調べる検査です。多少ちくちくした痛みがありますが、我慢できないほどの痛みではありません。

※注意:心臓ペースメーカー植え込み術を受けた患者様は診察時に医師にお話し下さい。

7)血圧脈波検査

血管の硬さの程度(動脈硬化)や血管年齢、血管の詰まり具合(狭窄あるいは閉塞が無いか)を検査します。血圧は通常、左右どちらかの上腕で測定しますが、この検査ではベッドに仰向けに寝ていただき、左右の上腕、足首の4ヵ所にカフを巻いて血圧を測定します。5分~10分程度の簡単な検査です。

8)体成分分析検査(in body)

体重計の様なものに乗りながら、体の成分(水分量、タンパク質量、ミネラル量、体脂肪量)や骨格筋量、筋肉バランス、BMIなどを調べる検査です。検査時間は説明を含めて5分程度です。体の構成を知ることで脂肪をいくら落とせばよいのか、筋肉をいくら付ければいいのかが分かります。

ただし、ペースメーカーを植え込みされている方、妊婦さんは検査をすることができませんのでご注意ください。

9)重心動揺検査

検査用の板に乗って開眼、閉眼で30秒または60秒まっすぐ立ってもらい、体の重心がどれだけ動くのか測定し、めまいや体位を維持する働きの程度を調べる検査です。検査時間は説明を含め5分程度です。杖やつかまりが無いと立てない方は検査できません。

10)聴力検査

どのくらい小さな音まで聞こえるかということを調べます。

周囲に雑音があると正確な検査ができないので、防音室という部屋で検査をします。ヘッドホンをつけてもらい、音がわずかでも聞こえたらボタンを押して聞こえたことを知らせてもらいます。

音の聞こえるルートは2つあり、一つは空気を伝わった音の振動を鼓膜でとらえるルート(気導)、もう一つは耳の周囲の骨から音の振動が伝わるルート(骨導)があるので、二種類のヘッドホンを使います。

11)睡眠時無呼吸症候群検査
パルスオキシメーター(酸素飽和度測定器)
メモリー機能付のパルスオキシメーター(酸素飽和度測定器)を使用して睡眠中の酸素飽和度(SpO2)を記録することで低酸素血症の発作回数(酸素飽和度低下指数)や低下する時間を測定します。
検査にはプローブと呼ばれる洗濯ばさみ型の指をはさむタイプの器具と腕時計型の記録器が一緒になっている器械が用いられます。
PSG検査
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の確定診断に必要な検査であるポリソムノグラフィー(PSG)検査を行っています。パルスオキシメーターに加えて、呼吸(鼻と胸および腹)、脳波、顔の筋肉運動も記録するため1泊入院が必要です。
ご家族から「いびき」がうるさいと言われている方、あるいは日中に眠気が感じる方が検査対象に含まれます。まずは当院内科外来で診察を受けて下さい。

一般検査

尿、便、穿刺液(腹水・胸水・関節液など)などを対象とします。

尿検査とは?
尿検査とは

腎、尿路の他、心、肝、その他諸器官の機能を知り得ることができます。

尿定性(試験紙により蛋白・糖・潜血などの有無:自動測定装置使用)や尿沈渣(有形成分を顕微鏡で観察)を検査します。

  • 1日尿量:1000~1500ml(健康成人)
  • 排尿回数:4~6回程度/日
便検査とは?

便潜血検査は大腸癌など消化管の疾患による出血の有無を調べます。また、便中の寄生虫卵などを調べます。

穿刺液検査とは?
穿刺液検査とは

健康人にもわずかにありますが炎症などで多量の液が貯留します。診断、治療の目的で採取し検査します。

血液検査

血液検査

血液は血球成分と液性成分からなります。血球成分には赤血球系、白血球系、血小板系があり、それぞれ体の維持に重要な機能を営んでいます。 血球成分の量的変化を調べるため、当院ではXN-1000で赤血球、白血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板、網状赤血球などを測定しています。 液性成分の量的変化を調べるため、当院ではCA1500で止血機能のPT・APTT・フィブリノゲン・トロンボテストなどを測定しています。

正常末梢血
正常末梢血

正常末梢血血液細胞形態検査も行っています。 血液細胞を染色して顕微鏡で観察します。細胞の形態を見ることで各種の細胞、未熟な細胞、白血病細胞などを鑑別することができます。

生化血清検査

生化血清検査

生化学検査は写真の自動分析器(オートアナライザー)で、肝機能、腎機能、電解質検査、それにメダボリックシンドロ-ムの指標となる脂質検査(総コレステロール、HDL、LDL、トリグリセライド)、糖尿病検査(血糖、グリコヘモグロビン)など30~40項目を同時に短時間(約30分~1時間)で測定しています。

また、正確な検査データを提供するために、全国規模の精度管理に参加し、毎日データ管理を行っています。

あなたもメタボリック健診 受けてみませんか
メタボリックシンドローム診断基準

輸血検査

BTD輸血管理システム
BTD輸血管理システム

輸血管理室では、以下の検査、管理を主に行っています。

1)血液型検査(ABO型、Rh型)
2)不規則性抗体スクリーニング検査
患者様の血清中に、輸血によって副作用を起こす可能性のある抗体があるかどうかを調べる検査です。
3)交差適合試験
患者様の血液と輸血する血液との適合性を調べる検査です。
4)輸血管理(BTD)
輸血する血液を保管する冷蔵庫の温度管理を24時間体制で行っています。
輸血する血液には、自己血(手術前に前もって採血した本人の血液)も含まれます。
ページの先頭へ