独立行政法人 労働者健康安全機構 秋田労災病院

文字サイズ
標準
特大

部門紹介

中央放射線部

中央放射線部門では、放射線の中でもレントゲンと呼ばれているX線や磁気を利用して診断に有効な画像情報を各診療科に提供しています。また、MR検査などの予約検査は、可能な限り、予約待ち日数の短縮に努めております。

スタッフ紹介

スタッフは中央放射線部長以下8名の診療放射線技師と受付1名の構成となっております。診療放射線技師は、放射線を取り扱う専門職として医療の一翼を担っている責任と患者様中心のチーム医療へ参加している自覚を持って、日々の業務に携わっています。

各種認定資格 保持者数
磁気共鳴(MR)専門技術者 1
肺がんCT検診認定技師 2
X線CT認定技師 4
検診マンモグラフィ撮影認定技師 2
Ai認定診療放射線技師 2
放射線管理士 2
放射線機器管理士 2
医療画像情報精度管理士 1
医療情報技師 2
第1種放射線取扱責任者 1

当院の主な装置

装置名 保持数
一般撮影装置 3
透視撮影装置 3
CT検査装置 1
MRI検査装置 1
血管撮影装置 1
歯科用パノラマ断層撮影装置 1
乳房専用撮影装置 1
骨塩定量測定装置 1
移動式X線撮影装置 4

当院で行われている検査の説明

以下の当院で行われている検査について、簡単に説明いたします。 知りたい検査をクリックしてください。

一般撮影検査

胸部や腹部、骨などのレントゲン写真を撮影する検査の事を総称して「一般撮影検査」といいます。目的部位にX線を照射し、透過してきたX線を検出器で読み取って画像化します。

CR(コンピュータ・ラジオグラフィ)
CR
(コンピュータ・ラジオグラフィ)

X線写真撮影では、身体を透過したX線の吸収の差を白黒の画像として得ることが出来ます。胸やお腹などのX線写真撮影では、心臓や肺など体内の臓器の状態などをみることができます。 骨のX線写真撮影では、骨折や骨腫瘍などの有無、関節炎やリウマチ疾患などの診断をすることができます。

X線写真撮影

一般撮影検査はデジタル化が進み、実際のフィルムを使用して撮影する事はあまりなくなりました。当院でも平成15年にデジタル撮影装置を導入しています。また、平成26年からフィルムレス化され、患者様にフィルムを持ち歩いていただく必要が無くなりました。画像はデジタルデータとして画像サーバーやクラウドに保存され、各診察室や病棟のモニターで閲覧可能なシステムが構築されています。

パノラマ断層撮影法
パノラマ断層撮影法

馬蹄形である歯列を1枚のフィルム上に写し出す撮影法です。断層撮影の名の通り患者様の顔面の周りを装置が回転し顎骨の断面像を撮影していく撮影法です。顎骨の骨折や嚢胞、上顎洞周辺の病変、顎関節疾患、歯の奇形、腫瘍、親知らずの状態、歯肉炎、根の炎症等を調べる事が出来ます。

乳房撮影

乳房のX線撮影のことでマンモグラフィと呼ばれています。

乳房は柔らかい組織でできているため、専用のX線撮影装置を使用します。

撮影方法
マンモグラフィ(乳房X線撮影装置)
マンモグラフィ
(乳房X線撮影装置)

薄手の肌着でも写りますので、上半身裸で行います。左右の乳房をそれぞれ上下・斜めから透明な板で圧迫して撮影します。 乳房を薄く引き伸ばして厚さを薄くすることで、小さなしこりも鮮明にうつしだし、また圧迫により放射線の被曝量を少なくするという効果もあります。 痛みの感じ方には個人差がありますが、体に力が入ると正しい位置で撮影ができないためリラックスしてください。20分ほどで終了します。

撮影には適した時期があります。月経前には乳房が硬くなったり痛みを感じやすくなったりしますので、月経が始まって2、3日後から1週間くらいの柔らかい時期に検査を受けることをお勧めします。

X線透視撮影検査
FPD搭載X線TVシステム
FPD搭載X線TVシステム

胃のバリウム検査といえば知っている人も多いと思います。 微量のX線を連続的に人体に照射し、リアルタイムに透視画像を見ながら処置や検査を行います。透視画像は、家庭用のテレビのように動画として見ることができます。その為、最適の角度、タイミングでX線撮影が可能です。また、X線だけでなく内視鏡や超音波も併用して検査を行うこともあります。

造影検査では、臓器などの明確な像を得るために造影剤というX線を吸収する薬を使用することがあります。

当院のX線透視撮影装置は、 FPD(フラットパネルデテクター)を使用している為、従来のX線透視 撮影装置に比べ少ない被ばく線量 で検査ができます。また、検査台が 床から52㎝まで低くなるため、 昇降時には、安全で、患者様にやさしい装置です。

CT検査
MDCT(多列検出器CT)
MDCT(多列検出器CT)

CTとは、コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略です。身体にX線を照射し、通過したX線量の差を人体の周りを回転しながらデータを収集し、コンピューターで処理することによって身体の内部を画像化する検査です。現在ではきわめて薄い厚さの像を得ることができ、そのデータを元にいろいろな角度の断層面を作成することができます。当院ではMDCT(多列検出器CT)が稼働し、1回転で多くの情報を得ることができ、検査時間の短縮やX線量の低減に繋がっています。 検査時間は撮影部位によっても異なりますが、約5~20分です。

単純CT

造影剤を使わないCT検査のことをいいます。一般的に初期の段階で用いられることが多く、目的によっては積極的に選択されることもあります。

造影CT

X線で描出できる造影剤を静脈注射などして撮影するCT検査のことをいいます。単純CT検査では診断が困難な場合があり、造影剤を用いることによってこれらの病変も明瞭に描出され、より正確な診断が可能となります。このため、全身の様々な部位の検査において、造影剤が用いられています。

3DCT

単純CTや造影CTで得られた薄い厚さの像をコンピューターで処理し、再構成することによってさらに高精度の3次元立体画像を作成します。いろいろな方向や角度の断面を描出することができ、全身の様々な部位の検査において用いられます。

3DCT写真撮影

MRI検査
MRI(磁気共鳴画像診断装置)
MRI
(磁気共鳴画像診断装置)

MRIとはMagnetic Resonannce Imaging(核磁気共鳴画像)の略で強力な磁気と電波を利用してあらゆる方向から画像を作成し、観察する検査です。放射線を使用していないので被ばくの心配はありません。

この検査は、体の中の構造や形態の観察だけでなく、その状態や機能も推測することができます。また、CT検査や内視鏡検査のように造影剤というお薬を使わなくても血管の画像や胆管・膵管といった消化を助ける分泌液を流す管の画像を撮影することができます。

しかし、直径60~80cmの狭いトンネルに入り、装置の音が大きく検査時間が長いという欠点があります。

また、すべての方が検査できるわけではありません。体内に心臓ペースメーカーなどの機器が埋め込まれている方や、脳動脈瘤クリップや体内に金属のある方で材質のわからない方は検査が受けられない場合があります。その為、検査を始める前に詳しく問診させていただいております。

MRI写真撮影

骨密度測定検査

骨粗しょう症は,骨密度の低下と骨質の劣化により骨強度が低下する疾患です。加齢や閉経に伴い,破骨細胞による骨吸収が骨芽細胞による骨形成を上回り,骨密度は低下します。またビタミンDやビタミンKの不足による骨基質蛋白の変化により,骨折のリスクが高まります。(2011年ガイドラインから引用)

検査について

衣類にボタン・ファスナーなど金属やプラスチックなどが付いたものは脱いでいただくか、ずらしていただきます。検査の台に仰向きに寝て頂いて、検査します。検査時間は、測定する場所によって異なりますが、10分~20分位です。食事やお薬など普段通り摂っていただいてもかまいませんが、骨密度を測定する一週間以内に造影剤を使用する検査を行った場合は、医師や担当技師にお伝えください。骨密度の値が高く評価されるため、場合によっては検査できないこともあります。

  • DEXA(X線骨密度測定装置)
    DEXA
    (X線骨密度測定装置)
クラウド型画像保存通信システム(PACS)

2014年2月から業務効率の向上と災害対策も考慮してクラウド型の画像保存通信システムPACS(Picture Archiving and Communication Systems)を導入しました。当院の放射線検査機器は、ほぼ全てPACSと接続されており、撮影された画像は検像システムを通し、確認をしてから院内に配信しています。

これまでは、撮影してからフイルムを確認するまでの待ち時間があったり、患者様に外来までフイルムを持って行っていただいたりしていましたが、それがなくなりました。また、フイルムによる画像診断からフイルムレスでのモニター画像診断へと変わることにより、いつでもどこでも端末モニターがあれば画像が確認できるようになりました。

通常、中央放射線部で撮影した画像は、院内に設置しているサーバーという画像を保管するところに入りますが、当院の場合は、東日本大震災のような大きな災害が起きた時のように医療施設が被災して患者様の画像情報が消えてしまうことがないように、院内施設だけではなく、国内の別の場所へも画像を二重に保管する画像保存通信システムです。

  • クラウド型画像保存通信システム(PACS)
  • クラウド型画像保存通信システム(PACS)
ページの先頭へ